バイオリン 練習について

先弓で弾く時は〇〇に意識して弾くべし!

バイオリンを弾いていると、先弓で弾くと弱い音になり、うまく音が出せないという経験はありませんか?

また、「腕が短いから、先弓が弾けない…」と思っている方はいらっしゃいませんか?

実は、先弓がうまく弾けなくてお困りの人は多いです。

今回は、「先弓で弾く時は○○に意識して弾くべし!」についてお伝えします!

この動画を見ると、先弓を弾く時のコツが分かり、すぐに実践していただけますので最後までお読み頂ければ幸いです。

先弓で弾く時は〇〇に意識して弾くべし!(動画解説)

動画を見て少しでもいいな!と思われた方は高評価やコメント頂けると嬉しいです^^

【結論】先弓で弾く時は〇〇に意識して弾く

普段の練習で、先弓はどうしたらうまく弾けるの?と思われている人は多いのではないでしょうか?

そのような人は、何を意識して弾くと良いのかというと、

筋肉を意識して弾くことがコツです!

では、今から詳しく深掘りしてお伝えしていきます。

「腕が短いから先弓が弾けない」と思われている人

「腕が短いから」と言って諦めている人もいらっしゃいませんか?

実は、腕の長さは関係ありません。

以前、小指が届かない時の解決方法でお伝えしましたが、こちらと同様、身体の特徴はあまり関係ありません。

指が短いとバイオリンを弾く時、不利になるの!? バイオリンを弾いていると、「小指が伸びない…」や「指が短いから弾きにくい」なんて思われたことはありませんか? 指が短いと不利な楽...

このように、動かし方を理解しておくと、腕が短くても先弓を弾くことができます。

先弓を弾く時に音が小さくなる原因

また、腕の長さ関係なく、バイオリンを練習するときに、先弓が弾く時が苦手という人が多いと思います。

なぜなら、先弓は手元より遠くなり、コントロールしにくいからです!

ボーイングは、指や手首、肩を動かすので重要と思われがちですが、実はそれだけではありません。

弓を動かす全体を意識しないといけません。

具体的にどこを意識したらいいの?

では、どこの筋肉を意識したら良いか具体的にいいますと、肩甲骨の筋肉に意識してみましょう!

肩甲骨を意識すると背筋が伸びます。

例えば、猫背の場合で腕を伸ばすのと、肩甲骨の筋肉に意識して腕を伸ばすとでは、どちらがよく腕が伸びるでしょうか?

少し腕を伸ばし実験してみてください。

答えは、後者の肩甲骨の筋肉に意識して腕を伸ばす方が伸びましたよね?!

先弓で弾く時は、肩甲骨の筋肉に意識して弾いてみましょう!

ではここから具体的に説明していきます。

先弓で弾くコツを具体的に解説

ではここから、先弓を弾くためのステップをお伝えします。

まず最初に、肩甲骨の筋肉をほぐす体操をしましょう!

肩を外向きや内向きに回して、肩甲骨をほぐしてあげましょう。

この時、肩甲骨を意識しながら肩を回すと尚良いです。

では、実際に弾いてみましょう。

肩甲骨の筋肉を意識しない場合と、意識した場合でお伝えします。

肩甲骨の筋肉を意識しない場合

肩甲骨の筋肉を意識しないで弾くと、腕があまり伸びません。

弾いている箇所は、元弓から中弓のあたりになる人が多いです。

肩甲骨の筋肉を意識した場合

では、肩甲骨の筋肉に意識して弾いてみます。

意識することで、「先まで伸ばさないと」と脳に指令がいきます。

そうすることで、先弓まで伸ばすことができます。

肩甲骨の筋肉を意識して伸ばすと、胸は前開きになるので、姿勢も良くなります。

先弓まで伸ばすことができ、さらに姿勢も良くなるので一石二鳥ですね!

肩甲骨の筋肉を意識すると、腕が伸び、さらに姿勢も良くなる!良いことだらけ!

また、右手を突き出すように弾くこともコツです。

以前ご紹介しました、キレイなボーイングを弾くコツの記事をご覧くださいませ。

キレイなボーイングを弾くコツ あなたはバイオリンを練習するときに、ボーイングについて悩んでいませんか? ボーイングというのは、バイオリンで押さえる左指より難し...

先弓で弾く時は〇〇に意識して弾くべし!【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

意外だったかもしれませんが、先弓を弾く時は肩甲骨の筋肉を意識してみましょう!

すると、右腕を突き出すようになり、先弓まで腕が伸ばすことができますよ!

また音も大きくはっきりとした音が出ます。

肩甲骨の筋肉をほぐす体操をしてから伸ばすと、より弾きやすくなりますのでお試しください。

これで、先弓までバッチリ弾いてみてくださいね!

あなたのバイオリン練習の参考になれば幸いです。


RELATED POST
バイオリン 練習について

バイオリンを上達された生徒さんの一例

2015年7月15日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
最近上達された生徒さんの一例 最近、難しい重音の曲を上達された生徒さんがいらっしゃいます。 その方は、とても気さくな主婦の方です。 ただ、バイオリンを弾くと、負けず嫌いにな …
バイオリン 練習について

あなたは3つのどのタイプ?

2021年7月30日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンを弾くにあたり、大きく分けて3つのタイプがあることは知っていますか? このタイプを知っているのと、知らないとでは、練習方法も異なってきます。 まずはご自身の …
バイオリン 練習について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

2016年6月17日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
チマチマと弾いていない? バイオリンを弾いている時、あまりにも集中して弾いているとある現象が起こります。 コレは、なかなか自分ではわから …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です