バイオリン 姿勢・持ち方

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

バイオリンを弾いていると身体が痛い方は要注意!
 

あなたはバイオリンの練習中や弾き終わった時、身体が痛いということはありませんか?

もし「肩や腕、指が痛いんだよね…」という方は、

バイオリンの持ち方に問題がある可能性があります。

今回は、バイオリンを弾いている時、身体が痛い方に向けてお伝えしていきます。

 

身体が痛くなる原因ですが、何らかの力が余分に入っていることが考えられます。

 

例えば、肩が痛いという方は、

・肩当ては正常に装着できているか?

・あご当てに顎を乗せる位置は適切か?

・バイオリンを弾いている時の、顔の向きは合っているか?

 

などを確認する必要があります。

 

肩が痛いという方の中に、肩当てを反対に装着していた…

という方もいらっしゃいます…(笑)

また、肩当ては正常に装着されていても、

あご当てに顎を押し付けて持っているという人もいらっしゃいます。

 

次によくあるのが、背中の痛みです。

背中に痛みがある場合は、重心が前のめりになっているのが原因です。

この場合は、

・普段弾いている時は、猫背になっていないか?

・バイオリンを弾いている時、指板側で弓を弾いていないか?

 

など確認する必要があります。

 

身体が痛くなるということは、何かしら原因があります。

確かに、バイオリンを始めたばかりの頃は、普段全くしない構え方をするので、

慣れない人も多いと思います。

特に、左腕がダルくなるという声は多いと思います。

しかし、普段の日常生活でも痛みが感じるということであれば、

早急に改善する必要があります。

 

 

★身体が痛い場合の対処法★

1.どの辺りが痛いのか確認する

2.痛い箇所について普段の構え方を再確認する

3.原因を見つけ、改善する!

 

身体が痛い箇所がわかると、まずは、痛い部分の周辺の構え方に気を配りましょう!

すると、必ず原因は見つかります。

 

身体が痛くなると、バイオリンを弾きたくないという気持ちも出てきますので、

しっかりと原因を見つけ、改善していきましょうね!

 

 


RELATED POST
バイオリン 姿勢・持ち方

バイオリンを弾くための日常使える鍛え方とは?

2015年1月22日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンを弾くための、日常的に使える左腕の鍛え方とは? バイオリンを演奏していると、意識しないとどうしても左腕が下がってくるお話をしました。 「バイオリンを構える時のわかり …
バイオリン 姿勢・持ち方

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリン姿勢レッスン

2015年8月15日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンを弾く時の足の開き方 今回はバイオリンを弾く時の姿勢についてご紹介します。 みなさんは、バイオリンを弾く時は立って練習し …
バイオリン 姿勢・持ち方

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

2016年5月31日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
4の指が安定しない時の改善方法 色々な音色を出してバイオリンを弾くと、いくつか問題が発生してくるかと思います。 その中で壁に当たるのが、 …