バイオリン 姿勢・持ち方

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

4の指が安定しない時の改善方法
 

色々な音色を出してバイオリンを弾くと、いくつか問題が発生してくるかと思います。

その中で壁に当たるのが、「4の指がどうも安定しない…」というお悩みです。

あなたは、4の指を弾く時、問題なく弾けていますか?

もし、「そうなのよ!そのような改善方法があるなら知りたい!」と思われた方は、

今回の記事をお読みください。

 

まず、順番に音階練習をしてみてください。

0の指 ⇒ 1の指 ⇒ 2の指 ⇒ 3の指 ⇒ 4の指

で弾いてみましょう♪

この時、G線からE線のそれぞれ4本ずつ弾いてみます。

 

すると、お分かり頂けると思いますが、

弦が変わるだけで、弾きにくい弦や弾きやすい弦がご自身で出てくるかと思います。

 

大体の方は、G線の特に4の指は弾きにくいとおっしゃられます。

あなたはそのようなことはありませんか?

 

特にG線は、一番左端の弦になるので、指から一番離れている弦になります。

そして、4の指となると、不安定になってしまうのです。

 

もし、4の指は安定しないようでしたら、指だけを使って押さえようとしていませんか?

どうしても、指だけ押さえることに集中すると、指の関節がグラグラしてしまったり、

弦を押さえているにも関わらず、弦から指が離れてしまうことがあります。

 

そのような方は、指だけを使って押さえるのではなく、

左の手のひらの筋肉を意識しましょう!

場所はコチラになります

⇓ ⇓ ⇓

 

手

 

手のひらの筋肉を意識して、ゆっくりと4の指を押さえましょう!

すると、左手全体で4の指を押さえている感覚が掴めるかと思います。

 

指だけで押さえていないので、しっかりと安定されますよ!!

 

★4の指が安定しない時は…★

左の手のひらの筋肉を意識する!

決して、指だけで頑張って押さえようとしないこと

 

手のひら(根元)から押さえるイメージになります。

指先だけでは、どうしてもグラつきますよね!

特に、細い小指なら尚更です!!

 

今回お伝えした方法で、4の指を安定させる練習をしてみてくださいね!

また、他にも方法があるのですが、メルマガで詳しく動画解説しておりますので、

そちらでご覧くださいませ。

 

 


RELATED POST
バイオリン 練習について

時間の使い方が上手な人の例

2015年1月29日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
時間の使い方が上手な人の例 今日、電車の中で共感できる、ある光景を見かけました。 私の隣に座っている女性が、楽譜を広げられ、イヤホンで曲を聴かれていました。 私が以前の記事 …
バイオリン 練習について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリンワンポイントレッスン

2015年9月13日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
頭のバイオリン練習とは その1 「バイオリンを上達するためには練習が大切」とよく言われます。 みなさんも、この言葉は何度も聞いたこと …
バイオリン 練習について

バイオリンの音を大きく出して弾きたいあなたに!

2015年7月5日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンの音を大きく出して弾きたいあなたに! 先日生徒さんより、このような質問を頂きました。 それは、 「自分で弾いているバイオリ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です