バイオリン 練習

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリンレッスン

バイオリンを良い音で弾くためのコツ

 

バイオリンの音は綺麗だけれど、自分で弾くと思っている音が出ない…と悩んでいる方も多いと思います。

今回は、そのようなお悩みの方にお伝えします。

 

まず、バイオリンの音はコーラスの声と同じとイメージしてください。

コーラスでは伸びやかな歌声、透き通った歌声はありますが、怒鳴った歌声というものはありませんよね?

この怒鳴った歌声はバイオリンでいう、力任せに押しつけて出している音になります。

 

バイオリンを始めて間もない頃は、この力任せに押しつけて弾くことを大体の人がやってしまいます。

この感覚は慣れるまでが難しいんですよね~

ですので、良い音で弾くためのコツをお伝えします。

 

バイオリンを弾く時、本体はもちろん、弓も振動して音を出します。

良い音を出すためには、弓を十分に振動することが前提です。

しかし、右手で持つ弓に力を入れ過ぎてしまうと、力で押さえ込まれて逆に振動されなくなってしまいます。

ある程度力を入れて振動させる必要はありますが、入れすぎるとコーラスでいう「怒鳴った声」になってしまいます。

 

では、ここで弓の力加減を比較するために、まずはこの3つの音を出してみましょう。

・力を入れ過ぎて弾いた時の音

・力を少し入れて弾いた時の音

・力を全然入れずに弾いた時の音

 

この3つを一度、ボーイングで構いませんので音を出して試してみましょう。

どの音が一番綺麗な音になりましたか?  

 

 

「力を少し入れて弾いた時の音」が綺麗な音になりますね。

この「力を少し入れて弾いた時の音」の感覚を掴むのが難しいので、例の3つの音を弾いて比べてみてください。

すると、自然と力加減もわかりますよ~

ぜひ、弓の力感覚を今一度見直してみましょう!

 

★良い音で弾く時のポイント★

力を少し入れて弾いた音がキレイな音になる。

感覚を掴むためにも、ご自身で弾き比べてみましょう!

 

「バイオリンでキレイな音を出したい」ということは、誰しもが思うことです。

ただ、良い音を出すのが難しいとお悩みの方が多いのも事実です。

まずは、なぜ良い音が鳴らないのか、原因を見つけることが大事です。

よくある原因の1つをご紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

 


RELATED POST
バイオリン 練習

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

2016年5月20日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
苦手な箇所を克復する方法 あなたは練習中、苦手なところが出てくるとどのように練習されていますか? 今回は、苦手な箇所を克服する方法につい …
バイオリン 練習

バイオリン初心者におすすめチューナーとは?

2017年11月8日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
前回は音感を鍛える方法をパート1から2に分けてご紹介しました。 まだご覧でない方はこちらよりご覧くださいね。 この音感を鍛える方法パート2でご紹介しました内容の中に、 開 …
バイオリン 練習

弓がプルプル震える時の対処法

2021年6月10日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンを弾いている時、弓がプルプル震えてしまう時はありませんか? もしそのような場面に直面した場合、弓を震えないようにするにはどのような練習をしたら良いでしょうか?  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です