バイオリン 練習

弓のダウン・アップとは?

弓のダウン・アップとは?

 

バイオリンの弓は、ダウンとアップがあります。

ダウンが下げ弓、アップが上げ弓になります。

しかし、ダウンとアップが混乱される方もいらっしゃいます。

その方のために今回は覚えやすい方法をご紹介します。

 

ダウン・・・下げ弓ともいう。

弓の根元から弓先に向けて弾くこと。

アップ・・上げ弓ともいう。

弓先から弓の根元に向けて弾くこと。

 

シンプルですが、弓の根元から弓先に向けて弾くのに下げ弓って変じゃない⁉︎と混乱される方が多いです。

分からなくなったら、弓先を天井に向けて持ちましょう。

そして、下げてみてください。

これがダウン(下げ弓)です。

 

反対に、弓先を天井に向けて上げましょう。

こちらが、アップ(上げ弓)になります。

実際に弾く時は、バイオリンを平行にして弾くため、90度傾けることになるので、逆に勘違いされる方も多いです。

慣れるまで迷った時は、お伝えした方法で確認してみてくださいね。

わかりやすくいうと、弓が上がっているのか、下がっているのかです。

以下のまとめで、図と一緒にご確認くださいませ。

 

★弓のダウン・アップの動かし方まとめ★

ダウン・・・弓元から弓先に向けて動かすので、弓を持っている右手が下がります。

ダウンの動かし方⇓ ⇓

弓ダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップ・・・弓先から弓元に向けて動かすので、弓を持っている右手が上がります。

アップの動かし方⇓ ⇓

弓アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、ご不明点がありましたら、メッセージ頂ければと思います。

お待ちしております!

 

 


RELATED POST
バイオリン 練習

あなたは3つのどのタイプ?

2021年7月30日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンを弾くにあたり、大きく分けて3つのタイプがあることは知っていますか? このタイプを知っているのと、知らないとでは、練習方法も異なってきます。 まずはご自身の …
バイオリン 練習

他の弦が鳴ってしまう時の解決ポイント

2021年11月22日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
「バイオリンを弾いていると他の弦が鳴ってしまう…」という経験はありませんか? 出したい音が鳴ったと思ったら、別の音も一緒に鳴ってしまうという場面はあるんじゃないかと思います …
バイオリン 練習

調子が悪いなと感じた時の対処法

2017年12月1日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
あなたは、バイオリンを弾いているとこのような時はありませんか? 「今日は何だか調子悪いな…」 「いつもと同じように弾いているのにうまく弾けないな…」 「今日は調子良いぞ! …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です