奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリンの楽器アドバイス


バイオリンの駒を倒してしまった時は?

 

バイオリンには弦が張ってありますが、調弦をする時やバイオリンを弾いている時は、常に重力がうずまき側に掛かります。

ですので、バイオリンの駒が不安定になっていると、バイオリンの駒が倒れてしまうことがあります。

 

バイオリンと駒の正しい角度は90°です

 ⇓ ⇓ ⇓

 

 

5

 

ただし、不定な場合、コチラが左側に倒れてしまうことがあります。

頻繁に倒れてしまうことがありませんが、バイオリンを長い間弾いていると、駒の角度が違ってくる場合があります。

そのまま放置していると、最悪、駒が2つに割れてしまったり、バイオリンを支えている魂柱が倒れてしまう場合があり、大掛かりな修理をする必要があります。

ですので、正しい駒の位置に直す必要があります。

 

まず、駒を直す前に、4本の弦を全て、少しだけ緩めましょう。

弦を張ったままの状態で駒を直すと、駒が割れてしまいますので、くれぐれも注意してくださいね。

万が一、駒が倒れてしまった時にバイオリンに傷が付かないよう、テールピースの箇所にガーゼなどを挟んでみてください。

そして、バイオリンの弦に駒を入れ込んでいきます。

この時、駒は両手でしっかりと持ち、90°の向きになるように慎重に駒を立ててください。

このような手順でゆっくりとされると、バイオリンの駒を立てることができます。

 

ただし、今までに一回も駒を直したことのない方は、バイオリンの先生や楽器店の方に見てもらってください。

自分で無理やり直してしまうと、駒が割れてしまう恐れがあり、大変危険です。

 

最後に、おさらいです。

★駒を倒れてしまった時は?★

 4弦全て、少し緩めましょう

② バイオリンの弦に駒を両手で入れて、90°になるように慎重に調節していく

※バイオリンの駒を直したことのない方は、必ずバイオリンの先生や楽器店の専門家に見てもらいましょう!

 

もしご自身でされる方は、自己責任でお願いしますね。

くれぐれも慎重に行ってください!

 

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】