バイオリン 考え方

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリン考え方レッスン

バイオリンを弾くのは難しい?

 

よく、「バイオリンを弾くのは難しいでしょ?」という声を聞きます。

また「小さい時から習っていないと、バイオリンは弾けない」というイメージさえもあります。

これは、多くの書籍やメディアが有名演奏家を特集しているのをみると、大体そのように書かれています。

ですが、今から始めようと考えている初心者の方、安心して下さいね!  

 

 

確かに、他の楽器と違い、バイオリンは自分で音を創りだす楽器です。

ピアノであれば、「ド」の鍵盤をたたくと、正確な「ド」の音が出ます。

バイオリンは「ド」の音を出そうとすると、指で押さえたところが少しずれていると、本来の「ド」の音が出ません。

しかし、それは何度も弾いていると「ド」の位置がわかるようになります。

 

 

また、右手で弓を持ち、音を鳴らします。

この時、弓はただ横に引っ張るだけで弾きます。

「えっ?それだけ?」と思われるかもしれませんが、そうなのです!

 

 

バイオリンは、複雑に見えて、実は単純作業を組み合わせています。

バイオリン=難しい というのは、あなたの先入観や周りの情報に振り回わされているからかもしれません。

難しい楽器だとは思わずに、まずは肩の力を抜いてバイオリンの音を気軽に出してみましょう!

 

 

★バイオリンを弾く時のポイント★

バイオリンは、単純作業が組み合わさってできています。

あなたのバイオリンに関する先入観を一度捨てて、肩の力を抜いて練習してみましょう!

 

 


RELATED POST
バイオリン レッスン

【お悩み編】音楽を楽しみたい人に伝えたいこと

2021年8月27日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
先日、読者様よりお悩みのメッセージを頂きました。 以下の内容です。 「初めまして。突然で申し訳ありません。5歳からバイオリンを習い始めて、今12歳(中1)の息子がおり …
バイオリン 考え方

音楽を楽しむという定義

2018年1月26日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
私がよく大人の生徒さんにお伝えすること。 それは、音楽を楽しむということ。 技術的なことは大切ですが、音楽の本質は楽しむことだと私は思っております。 今回はいつもと違 …
バイオリン 姿勢・持ち方

バイオリン弾きの爪はどう切ってる?

2022年3月17日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
皆さん、バイオリンを弾いている時に、爪が伸びていると弾きにくいと感じたことはありませんか? 爪を伸ばしてレッスンに行くと、先生から「爪を短く切ってください」と注意受 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です