バイオリン 楽器について

一緒に弦交換してみましょう!弦交換のポイント

弦交換している場面って意外と見られていない人も多いのではないでしょうか?

今回は、私が実際に弦交換している動画を撮影しておりますので、一緒に弦交換してみましょう!

もし、弦交換されない人でも、交換時のポイントをお伝えしますので、作業しながら流し聞きで聞いて頂ければ幸いです。

一緒に弦交換してみましょう!弦交換のポイント(動画解説)

動画を見て少しでもいいな!と思われた方は高評価やコメント頂けると嬉しいです^^

弦交換する時もタイミングはいつ?

弦交換するタイミングは、人前で演奏する、発表会や演奏会前が良いでしょう。

あまり直前だと弦が安定しないため、余裕を持って10日前に弦交換すると良いです。

また、弦交換の判断目安については、こちらの記事で詳細を説明しておりますので、ご覧くださいませ。

バイオリン弦交換の判断目安 あなたはバイオリン弦はどのくらいの頻度で交換されていますか? 教室の生徒さんの中でも、「もうそろそろ交換した方が良いですか?」と...

弦の種類について

弦の種類は3つあります。

  • ナイロン弦・・・ドミナント、エヴァピラッツィ、パーペチュアルなど

    定番弦が多く、音が安定するまで時間が短いのが特徴です。湿度の影響も受けにくいです。
  • スチール弦・・・クロムコア、ヘリコアなど

    安定するまで時間が短く、湿度の影響も受けにくいです。
  • ガッド弦・・・オリーブ

    私自身、小さい時に調弦に苦労した経験があるので、ナイロン弦を愛用しています。


ご自身のバイオリンによってもどの弦が合うかは異なりますので、あなたの好きな音色を試してみてください♪

弦はどこで買うの?

弦はどこで購入していますか?というお声を頂きますので、ご紹介します。

私は、I Love Storings.さんで購入しています。

こちらでご確認いただけます。

ポイントデーもありますのでおすすめですよ!

いざ、交換!弦交換のポイント

1本ずつ交換

弦交換は1本ずつ交換します。

これは全ての弦を取り除いてしまうと、駒が倒れてしまうためです。

ですので、1本ずつ取り替えていきましょう!

ペグコンポジションを使うとgood!

ペグを外した時に、ペグコンポジションを使うとチューニングがしやすいです。

カチカチと固くなると、ペグが回しにくくなるので、使用をおすすめしています。

その理由について詳しくはこちらをご覧ください。

自分でできる!ペグの調整方法 チューニングをする時に、ペグが回しにくいという時はありませんか? 特に梅雨などの湿度が高い時によく起こります。 今回は、ご...

弦の巻き方に気を配る

弦を巻く時のコツとしては、ペグの穴に弦を通した後、1周目は突き出した弦の外側に巻きます。

2周目以降は、最初の突き出した弦の違う方向に巻いていくことがコツです。

このように巻くと丈夫で緩みにくくなるのでオススメです!

弦はまっすぐ巻く

弦は真っ直ぐに巻くのが基本です。これは、ペグに巻いている側の弦を見てみましょう。

極端に斜めに弦が張っていると調弦した時に緩んでしまうからです。

弦交換できたら調弦してみましょう!

安定するまでは弦によりますが、比較的ナイロン弦やスチール弦は時間はかからないです。

私の場合は動画でご紹介した弦で、約3日間くらいで安定します!

とは言っても、1週間ぐらいは調弦しにくという人もいらっしゃいます。

張り替えたばかりの弦は落ち着くまでに時間がかかりますので、調弦の練習にもなりますので慣れていきましょう!

一緒に弦交換してみましょう!弦交換のポイント【まとめ】

いかがでしたか?

今回は、実際に弦交換をして、弦交換のポイントについてお伝えしました。

今までご自身で弦交換したことがないという人も、これを機に弦交換にチャレンジしてみるのも良いでしょう!

少しでも参考に頂ければ幸いです。


RELATED POST
バイオリン 楽器について

バイオリン初心者がよく陥りやすい失敗とは?

2015年4月28日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリン初心者がよく陥りやすい失敗とは? バイオリンを独学でされている人は、何が正しいのか、間違っているのかということがわかりにくいと思います。 今回は、バイオリン初心者がよく …
バイオリン 楽器について

エレキバイオリンってどうなの?

2021年2月11日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
エレキバイオリンってどうなの?   あなたは、エレキバイオインはご存知ですか? 興味はあるけれど、弾いたことがないという人も多いかと思います。 今回は、私が …
バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

2016年6月12日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
弓の力を変化させずに、音の強弱を変化させる方法! バイオリンの音の強弱を変化させる一番の方法は、弓の圧力加減になります。 コレ、ご存じの …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です