バイオリン レッスン

バイオリンで泣くほど悔しい経験。

あなたは、バイオリンを弾かれている時、

泣くほど悔しい思いをされたことありますか?

大人でしたら、泣くとまではいかないかもしれませんが、

それでも「悔しい!」という気持ちになった経験はありませんか?

私の教室の生徒さんは、お子様でしたら、

「泣くほど悔しい」思いを経験されている子がほとんどです。

例えば、自宅で練習してうまく弾けたのに、レッスンではうまく弾けなかった時。

2回、3回弾きなおしても、弾けないと、

自分でも納得できないという顔をして、涙をポロポロ流されます。

合格もらえると思っていた曲がもらえなかった時、泣かれる生徒さんもいます。

最近ですと、発表会前のレッスン時。

リハーサルでピアノ伴奏と合わせ、ボロボロの生徒さんがいました。

とても落ち込んでおり、後々お母様よりお聞きしたのですが、

みんなに分からないように隠れてトイレで泣いていたようです。

うまく弾けなかったのが悔しかったようで、その後自宅で猛練習されました。

猛練習のおかげでその生徒さんは、本番でバッチリと弾かれていましたよ!

221290

大人の方でも練習しても思うようにうまく弾けなかった時。

「悔しい…」という気持ちも持たれます。

私が小さい時、レッスンでは涙を流さなかったですが、

自宅での練習中、涙を流しながら練習していた記憶が蘇りました(笑)

練習中やレッスン中、泣くことは悪くありません。

それだけ、真剣に練習しているという証拠ですから!

661133

逆に「悔しい」という気持ちを持たれない方は要注意です。

そのように思うと、私の教室の生徒さんは、熱心な生徒さんが多いなと感じております。

悔しさをバネに、「さらにがんばろう!」と思うか、

「苦しくて辞めたい」と思うかが分かれ道だと思います。

これは習い事だけに関わらず、色々な場面で役立つと私は思っています。

例えば、お仕事で嫌なことがあって、

「もう辞めたい」と思うか、

「もっとがんばるぞ!」と思うか。

受験勉強でなかなか思うような成績が出せない時、

「諦めて第2希望、第3希望の学校でいいやー」と思うか、

「いやいや、ここからが勝負だ!自分の行きたい学校に行くぞ!」と思うか。

様々な場面で、選択肢が出てくるかと思います。

私はバイオリンの技術はもちろんですが、

レッスンや練習中で、「悔しい」という気持ちを味わって

今後の練習や、他の色々な場面で役立つということも

これからも生徒さんに伝えていきたいと思っております。

こちらをお読みのあなたも、ぜひ「悔しい」という気持ちをバネに

バイオリンの練習に励んで、さらにステップアップしていただければと思います。


RELATED POST
バイオリン レッスン

新型コロナウイルス感染拡大に関するレッスンのお知らせ

2020年3月3日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
この度、新型コロナウイルスの感染拡大と予防につきまして、お知らせいたします。 (当教室に通っていただいている生徒様には既に連絡済みの内容で …
バイオリン レッスン

りりバイオリン教室のレッスンでの出来事

2016年7月11日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
がんばったね!!!(レッスンでの出来事)   当教室の小学生までの生徒さんには、「ごほうびシール」というノートを お渡ししております。 今年の4月から対象の生徒さんにお配りして …
バイオリン 考え方

指が短いとバイオリンは弾けない!?

2021年2月6日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
指が短いとバイオリンは弾けない!?   「指が短いとバイオリン弾きには不利じゃないの?」と思われている方はいらっしゃいませんか? このようなお言葉をよく頂きます。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です