バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生の楽器アドバイス

バイオリン弓の選び方

 

あなたは、バイオリンの弓はどのようなものを使われていますか?

 

バイオリンの本体を重視されていらっしゃる方は多いのですが、

意外と弓はオプション扱いとして軽く思われがちです。

また、長年使用していると、弓だけ修理しないといけないということも出てくる場合もあります

そのような時のためにお読み頂ければと思います。

 

先日、ちょうど私の生徒さんの弓が故障してしまいました…

お爺様の代から長年使用されていた弓でして、弓のさおの部分が割れてしまったようです。

修理しようと持っていくと、3万円程は掛かってしまうということで、相談を受けました。

どのような弓が良いのかと相談を受けましたので、

共有させて頂きますね!

 

バイオリンの弓は、木の弓カーボン弓あります。

あなたはどちらの弓をお持ちでしょうか?

 

それぞれのメリット・デメリットについてお伝えしますね。

 

まず、木の弓についてです。

【木の弓のメリット】

・昔から言われている安定感がある

・見た目は木

・音色に安定感がある

 

【木の弓のデメリット】

・カーボン弓と比べて、折れやすい

・重たいので演奏中、疲れやすい

・高価な価格

 

 次に、カーボン弓についてです。

【カーボン弓のメリット】

・丈夫なので、折れにくく、お手入れが楽

・木の弓と比べて軽いので疲れにくい。

・リーズナブルな価格

 

【カーボン弓のデメリット】

・カーボン独特の見た目が気になる人もいる

・昔からのカーボンは低品質という考え方が根付いている

(実際は、高品質のカーボン弓が販売されています)

 

 それぞれ、メリット・デメリットとありますので、

あなたに合った弓を選ばれることをオススメしております。

 

今まで、木の弓を使われている方は、カーボン弓を持つと、軽く感じられると思います。

なので、少し違和感があると言われる方もいらっしゃいます。

しかし、長時間弾くには疲れにくくなっております。

私の個人的な意見ですが、ピッチカートや移弦は楽々にできます!

なので、セカンドボウとしても持っております。

 

今は、非常に質の良いカーボン弓も出ておりますので、

気になる方は直接楽器店や工房へ足を運んでみて試奏してみてくださいね!

 

 

【ワークショップ&お茶会in東京のお知らせ】

あと2名様で締め切らせていただきます。

普段と違った環境で、みなさまと一緒にバイオリンを弾いてみませんか?

いつもと違った角度から、新しい気付きを得ることができると思いますよ!

ワークショップ&お茶会の詳細は、こちらよりご確認くださいませ。

※締め切りは4/3(日)までとさせていただきます。

先着順になりますので、お早めにお申し込みくださいませ♪

お申し込みはこちらをクリックしてください

 

あなたからのお申し込みを楽しみにお待ちしております!

 

 

 


RELATED POST
バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリンの楽器アドバイス

2015年9月3日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンの駒を倒してしまった時は? バイオリンには弦が張ってありますが、調弦をする時やバイオリンを弾いている時は、常に重力がうずまき …
バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

2016年6月12日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
弓の力を変化させずに、音の強弱を変化させる方法! バイオリンの音の強弱を変化させる一番の方法は、弓の圧力加減になります。 コレ、ご存じの …
バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生の楽器アドバイス

2015年10月17日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
正しいバイオリンの掃除とは? 最近、部屋の掃除をしておりました。 やはりキレイになると、気持ちが良いですね! さて、掃除にちなん …