バイオリン 練習

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントレッスン

キレイな音を出すには?

 

今回は、キレイな音を出すための方法について説明していきます。

前回、聞き苦しい演奏の例についてご紹介しました。

まだ読まれていない方は、まずはこちらよりご覧ください。

「聞き苦しい演奏とは?」

 

人間でいうと怒鳴った声は、力が強すぎる音になります。

強すぎると、潰れた音になり、長い間聞いていられない音が出ます。

 

もう少し力を抜いて、スーッと弾いてみてください。

すると、潰れた音でなく、通常のなめらかな音になります。

 

また、スカスカした音は、逆に力が足りません。

程よい圧力を弓にかける必要があります。

 

このように、弓の持っている右手の重心から少しずつ圧力を加えてみてください

あまり圧力をかけすぎると、怒鳴った音になりますので、気をつけてください!

 

 

★キレイな音を出すためには?★

強すぎる音(ギーギー音)⇒ 弓の圧力が強すぎる

弱すぎる音(スカスカ音)⇒ 弓の圧力は弱すぎる

弓の圧力を調節することで改善される!

 

ご自身でボーイングを弾き、弓の圧力に意識して音を出してみましょう!

すると、ご自身で感覚を掴めますのでお試しください!

 

◆あなたの声を募集中!

「こんな事で困っている」など

バイオリンに関するご質問や、聞いてほしいことなど、

ちょっとしたことでも

こちらより応募してくださいね^^

応募フォームはこちらよりお願いします!

 

 


RELATED POST
バイオリン 練習

小指が届かない時の解決方法

2021年1月26日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
小指が届かない時の解決方法   練習中、小指が届かないと苦労されたことはありませんか? 小指の4の指で押さえるのが苦手な方も多いはず。 今回は、小指が届かない時の解決方法に …
バイオリン 練習

効率の良いバイオリン練習方法【5選】

2022年4月19日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
新しい曲に入った時、あなたはどのような順番でバイオリン練習をされますか? お仕事や家事、育児、介護、学業があって、バイオリンの練習時間は限られますので、いかにして効率よく練 …
バイオリン 練習

バイオリンのテキストは何を使えば良い?

2015年4月9日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンのテキストは何を使えば良い? もし今、バイオリンを習われている方でしたら、何らかのテキストで進めている方は多いと思います。 では、「バイオリンのテキストは何を使えば …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です