奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントレッスン


聞き苦しい演奏とは?

 

あなたは、バイオリンを弾いている時、聞き苦しい演奏になっていることはありませんか?

 

心当たりある方は、素晴らしいですね!

 

なぜなら、聞き苦しい演奏になっているかは、自分ではなかなか分からないものです。

もし心当たりある方は、ご自身の演奏を研究されているかもしれませんね。

 

今回は、自分ではなかなか気付かない、聞き苦しい演奏の対処法についてご紹介します。

 

まず、聞き苦しい演奏とはどのような演奏だと思いますか?

 

・潰れた音になっている

・音程が外れている

・音がスカスカ

 

などなど、あげるとたくさん出てきますよね。

 

このような音は、聞こうとしてもなかなか聞けたものではありません 汗

 

では、音を人間の会話に置き換えてください!

 

人の会話で聞けたものじゃない!という時は何でしょうか?

 

・ガミガミ怒っている声

・キーキーと叫んでいる時の声

・イライラしている時の声

・大声で怒鳴っている声

などは、長時間聞けるものではないですよね(笑)

 

そうなんです!

 

バイオリンの音色はヒトの声と同じと思ってください。

なので、弾き手は音と会話する必要があります。

会話していないと、上記にあげた音になってしまいます。

 

でも、「音と会話するっていってもどうすればいいの?」ってなりますよね。

ヒトの場合、長時間聞いても心地よい声とは・・・

 

・優しい声

・なめらかな声

・透き通った声

・かわいらしい声(男性なら)

・低い落ち着いた声(女性なら)

 

などありますよね。

 

多少、個人差があると思いますが(笑)

 

なので、バイオリンの音も意識すると、ヒトの声同様に、様々な表情を持つことができます!

 

全体的にいえることは・・・

やさしく音と対話する

ことだと私は思います。

 

ですので、バイオリンの音と対話することを意識するだけでも、聞き苦しい演奏を改善できますよ!

具体的な対処法については、長くなりますので、次回の記事で説明していきますね!

 

では、まとめです。

★聞き苦しい演奏にならないためには★

音と対話することが基本

音はヒトの声と同じ

様々な表情が持てる!

 

あなたも、やさしく音と対話してみると、いつもと違った音が出てくると思いますよ~

ぜひ、お試しください^^

 

◆あなたの声を募集中!

「こんな事で困っている」など

バイオリンに関するご質問や、聞いてほしいことなど、

ちょっとしたことでも

こちらより応募してくださいね^^

応募フォームはこちらよりお願いします!

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】