バイオリン 練習について

バイオリンでキレイな音を出すコツ

バイオリンでキレイな音を出すコツ

 

バイオリンで弾いていると、「よく隣の弦に擦れてしまってキレイな音が出ないんですよ…」という相談を受けます。

この相談は、バイオリンの初心者の方はもちろん、長い間習っている方にもいえることです。

バイオリンでキレイな音を出したいと、誰しもが思うことですよね!

もっとキレイな音を出したいという気持ちにお応えしたいので、今回はバイオリンでキレイな音を出すコツについてご紹介します。

 

初心者の方は、まずは色々な曲を弾いて指を動かすことが必要ですので、その練習をしましょう。

ある程度、色々な曲が弾けるようになれば、このような悩みが出てきます。

「バイオリンを弾くと、隣の弦にかまってしまい、汚い音になる…」

 

さて、この状態を分析してみます。

隣の弦にかまってしまうということは、弓の角度に問題があります。

弦にはG線、D線、A線、E線と4弦あります。

この4弦を弾いてみるとよくわかりますが、弓の角度がそれぞれ違います。

弓の角度関係は以下になります。

 

大⇐ G線>D線>A線>E線 ⇒小

 

このようにそれぞれの弓の角度が違うため、同じ角度で弾くと隣の弦に音がかまってしまうということになってしまいます。

 

解決方法は、それぞれのG線、D線、A線、E線の角度関係を知った上で練習することです。

この弓の角度を意識することで、格段に音がキレイになりますので、お試し下さいませ!

 

★バイオリンでキレイな音を出すコツ★

⇐ G線>D線>A線>E線 ⇒小

弓の角度関係を知った上で練習する必要がある

 

もし、ご不明点がありましたら、直接メッセージ頂ければと思います。

 

 

 


RELATED POST
バイオリン 練習について

重音・和音の意味

2021年2月16日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
重音・和音の意味   皆様は、重音・和音の意味はご存知でしょうか? 重音とは、2音同時に弾くこと。 和音とは、3音以上同時に弾くことを言います。 では …
バイオリン 練習について

小指が安定しない時の3つのコツ

2021年6月14日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンを練習していると小指で押さえることに苦手意識をお持ちの方はいらっしゃいませんか? なかなか音程が取りづらい指になりますので、難しく感じられている人の多いと思います …
バイオリン 練習について

速いパッセージが弾けるようになる方法

2021年6月18日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
速いパッセージはカッコイイので憧れますよね!しかし実際弾いてみると難しくて苦労されている人も多いと思います。 今回は、速いパッセージが弾けるようになる練習方法についてお伝え …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です