バイオリン レッスン

バイオリンの音をキレイに出す方法

バイオリンの音をキレイに出す方法

 

「バイオリンを綺麗な音で出すコツは何ですか?」 という質問をよく生徒さんから頂きます。

まず、綺麗な音とは、音が潰れていない音ですよね。

バイオリンを初めて弾く方にもお伝えしていることがあります。

それは、まず力を抜くようにすることが大切です。

 

とはいったものの、力を抜く加減が難しいですね…

今回は、微妙な力加減を抜く方法についてお伝えしていきます。

 

バイオリンを構えると、どうしても体が固まってしまいます。

ですので、まず力を抜く必要があります。

 

① 何も持っていない状態で右手をブラブラさせます。

そうすると、必然的に右腕の力が抜けます。

力が抜けた状態で、弓を右手で持ちます。

 

② 弓の重さの感覚に慣れるために、上下運動をします。

上から下へゆっくりと弓を持ったまま右手を動かしていきます。

上から下、下から上を5回ほど動かしてみましょう。

 

③ ②同様に、左右運動をします。

こちらも上下運動同様に、右から左、左から右へゆっくりと弓を持ったまま5回ほど動かしていきます。

すると、右手で持っている弓の重さの感覚が掴めます。

 

④ 左手でバイオリンを構え、バイオリンを弾いてみてください。

この時、「ギギーッ」と音が鳴ると、右腕に力が入っております。

ですので、右手の握力を少しずつ抜いていきましょう。

力を抜きすぎても今度は音が不安定になります。

一通り弾いてみて、綺麗な音が鳴る時は、どのくらいの力加減が良いのか探ってみましょう!

 

みなさん、最初はバイオリンを持つと、固まってしまい、力が入ってしまいます。

すると、音が潰れてしまいます。

しかし、今回お伝えした4ステップの方法を繰り返し行うことで、右手で弓を持つ感覚が掴めてきますので、是非一度お試し下さいませ♪

 

 

 


RELATED POST
バイオリン レッスン

i Padで楽譜作成もできちゃう!?

2017年5月25日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
先日、教室用のi Padを購入しました。 一番の目的は、楽譜作成のため。 今までにも、必要に応じて手書きの楽譜で生徒さんにお渡ししておりましたが、 やはり手書きだと見 …
バイオリン レッスン

バイオリンを弾くのにソルフェージュは必要?

2015年7月1日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンを弾くのに、ソルフェージュは必要? ピアノなど楽器を今まで習われたことのない方は、「ソルフェージュとか必要ないの?」と不安な方もいらっしゃることと思います。 今回は …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です