奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生の楽器アドバイス


バイオリンの弦とは

 

今回は、バイオリン弦の名称と注意点についてお話したいと思います。

まず、バイオリンの弦は 4本 あります。

よく見ると、太い弦から細い弦まであり、太さも様々です。

 

4弦

 

太い弦から細い弦にかけて、G線 (ゲーセン)、D線 (デーセン)、A線 (アーセン)、E線 (エーセン) と呼びます。

 

A線を「エー」と読んでしまう方もいらっしゃいますが、ドイツ語なので「アー」と呼びます。

ややこしいですね…

最初はなかなか覚えられませんが、弾いていくと徐々に自然と覚えられますので、安心してください!

 

バイオリンを購入すると通常、弦は張っており、すぐに弾ける状態です。

しかし、予備の弦を1種類ずつ持っておかれることをオススメします。

それは、稀に弦が切れてしまうこともあります。

その時に予備の弦がないと、練習ができません。

ですので、G線、D線、A線、E線の4本の弦を予備として持っておきましょう。  

 

★弦の名称とポイント★

太い弦⇐ G線 (ゲーセン)D線 (デーセン)A線 (アーセン)E線 (エーセン) ⇒細い弦

弦は練習中に切れてしまう時があるので、予備として4弦は常に準備しておきましょう!

 

最初はバイオリンの弦の名称は覚えるのにややこしいと思います。

しかし、弾いていると慣れてきますので、少しずつ覚えていきましょう!

 

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】