バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生の楽器アドバイス

正しいバイオリンの掃除とは?

 

最近、部屋の掃除をしておりました。

やはりキレイになると、気持ちが良いですね!

 

さて、掃除にちなんで今回は、「正しいバイオリンの掃除」 について、お伝えしていきたいと思います。

「バイオリンの掃除?」「大げさじゃない?」と思われるかもしれません。

しかし、コレを怠ると大変なことになる場合がありますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

 

まず、部屋の掃除と同じで、バイオリンの掃除には大きく分けて 「通常の掃除」  「大掃除」 の2つがあります。

今回は「通常の掃除」についてお話していきますね。

 

まず質問させてください。

「あなたはバイオリンを弾き終わったら何をしますか?」

 

「そのままバイオリンケースになおす」と答えた人は、要注意です!

 

その理由は、練習した時の手垢や弓で擦ったあとの松脂がこびりついています。

それをそのままにしてしまうと、音にも影響してきます。

しかし、磨きすぎるのも注意が必要です。

 

ここで、正しいバイオリンの掃除方法をお伝えします。

準備するものは木綿のやわらかい布です。

もちろんよく楽器店で売られているマイクロファイバークロスでも大丈夫です。

 

①バイオリン全体についている手垢を布で拭く。(から拭きでしてください)

②弦に付いている松脂の粉を軽くサッと拭く。(強くこすり過ぎると痛めます)

③あご当ての汚れを拭く。(女性の方は化粧が付いているので念入りに)

④弓の毛との間に布を入れて松脂の粉を拭く。

 

大体、このような流れです。

時間にすると30秒くらいで、すぐにできます。

コレが意外と、弾き終わるとすぐにバイオリンケースに直される方は多いです。

しかし、この30秒の掃除を怠るだけで、バイオリンの音色にも影響してしまいます。

ご自身が使っているバイオリンを大切にしてあげましょうね!

 

★正しいバイオリンの直し方★

①バイオリン全体についている手垢を布で拭く。(から拭きでしてください)

②弦に付いている松脂の粉を軽くサッと拭く。(強くこすり過ぎると痛めます)

③あご当ての汚れを拭く。(女性の方は化粧が付いているので念入りに)

④弓の毛との間に布を入れて松脂の粉を拭く。

 

 

 


RELATED POST
バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生の楽器選びアドバイス

2015年9月23日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリン購入の際に気を付けるポイント 先日、バイオリン購入検討中の生徒様より、「楽器選びのポイントは何ですか?」というご質問を頂きま …
バイオリン 楽器について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

2016年6月12日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
弓の力を変化させずに、音の強弱を変化させる方法! バイオリンの音の強弱を変化させる一番の方法は、弓の圧力加減になります。 コレ、ご存じの …
バイオリン 楽器について

バイオリン弦を交換する時の判断目安

2018年9月12日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
あなたはバイオリン弦はどのくらいの頻度で交換されていますか? 教室の生徒さんの中でも、「もうそろそろ交換した方が良いですか?」 とご質問を頂くことがあります。 今回は …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です