奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生の楽器アドバイス


正しいバイオリンの掃除とは?

 

最近、部屋の掃除をしておりました。

やはりキレイになると、気持ちが良いですね!

 

さて、掃除にちなんで今回は、「正しいバイオリンの掃除」 について、お伝えしていきたいと思います。

「バイオリンの掃除?」「大げさじゃない?」と思われるかもしれません。

しかし、コレを怠ると大変なことになる場合がありますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

 

まず、部屋の掃除と同じで、バイオリンの掃除には大きく分けて 「通常の掃除」  「大掃除」 の2つがあります。

今回は「通常の掃除」についてお話していきますね。

 

まず質問させてください。

「あなたはバイオリンを弾き終わったら何をしますか?」

 

「そのままバイオリンケースになおす」と答えた人は、要注意です!

 

その理由は、練習した時の手垢や弓で擦ったあとの松脂がこびりついています。

それをそのままにしてしまうと、音にも影響してきます。

しかし、磨きすぎるのも注意が必要です。

 

ここで、正しいバイオリンの掃除方法をお伝えします。

準備するものは木綿のやわらかい布です。

もちろんよく楽器店で売られているマイクロファイバークロスでも大丈夫です。

 

①バイオリン全体についている手垢を布で拭く。(から拭きでしてください)

②弦に付いている松脂の粉を軽くサッと拭く。(強くこすり過ぎると痛めます)

③あご当ての汚れを拭く。(女性の方は化粧が付いているので念入りに)

④弓の毛との間に布を入れて松脂の粉を拭く。

 

大体、このような流れです。

時間にすると30秒くらいで、すぐにできます。

コレが意外と、弾き終わるとすぐにバイオリンケースに直される方は多いです。

しかし、この30秒の掃除を怠るだけで、バイオリンの音色にも影響してしまいます。

ご自身が使っているバイオリンを大切にしてあげましょうね!

 

★正しいバイオリンの直し方★

①バイオリン全体についている手垢を布で拭く。(から拭きでしてください)

②弦に付いている松脂の粉を軽くサッと拭く。(強くこすり過ぎると痛めます)

③あご当ての汚れを拭く。(女性の方は化粧が付いているので念入りに)

④弓の毛との間に布を入れて松脂の粉を拭く。

 

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】