奈良・東大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス


バイオリンのテキストは何を使えば良い?

 

もし今、バイオリンを習われている方でしたら、何らかのテキストで進めている方は多いと思います。

では、「バイオリンのテキストは何を使えば良いの?」と思われた方はいらっしゃいませんか?

よく使われるテキストをあげてみます。

 

新しいバイオリン教本 スズキ子どものための

 

 

 

 

 

・新しいバイオリン教本

・SUZUKI VIOLIN SCHOOL

・子供のためのバイオリン教室

 

当バイオリン教室では、個々の生徒さんのご希望に合わせて使用テキストは違います。

一部3名の例です。

 

★ Aさん(50代)の場合

【ご要望】全く初心者の方で基礎から学びたい。楽しく趣味としてやりたい。

【使用テキスト】SUZUKI VIOLIN SCHOOL

【進め方】教本にある、短い音階練習と平行して小曲集を弾いています。

最近は友人の前でバイオリンを弾く機会があったらしく、皆にスゴイ!素敵!と褒められたようです。

 

★ Bさん(30代)の場合

【ご要望】前に習っていたので、そのテキストを使用したい。また自分の弾いてみたい曲をやってみたい。

【使用テキスト】新しいバイオリン教本、持ち込み楽譜

【進め方】苦手なポジション移動の練習を最初にして、コンチェルト第4楽章の1楽章ごとに分けて弾いています。

また、ご自身で弾きたい曲の楽譜を持ってきて頂いており、お好きな曲を弾きやすいようにアレンジや編曲して、楽しく弾いて頂いております。

 

★ Cくん(4歳)の場合

【親御さんのご要望】音楽はバイオリンが初めてなので、基礎から学びたい。飽きずに楽しく習わせたい。

【使用テキスト】子供のためのバイオリン教室

【進め方】音楽は全くの初めてでも、わかりやすいように「リズム」や「音符」などソルフェージュも交えながら進めております。

また、バイオリンの構え方の基礎など悪い癖がつかないように、一から指導しております。

 

このように、使用テキストや進め方は一人ひとり違ってきます。

また、テキストについても「合う・合わない」もあるかと思います。

大切なのは自身に合ったテキストで進めていくことが大事です!

ですので、ご要望をおっしゃって頂きましたら、対応させていただきます♪

もし、自分に合ったテキストは何か分からないという方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】