バイオリン 練習について

奈良・生駒の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス

スラーを弾く時に気を付けるポイント
 

スラーを習い始めの頃は、どうしてもスラーを弾くのは、

弾きにくいと感じられることがあるかと思います。

なぜなら、スラーを弾きつつ、左指にも注意しないといけないからです。

2つのことに集中するというのは、最初は戸惑われる方が多いです。

今回は、スラーを弾く時によくありがちな失敗例を交えながら、説明していきます!

 

まず、スラーとは、弓を返さないで音をつなげることをいいます。

そこで、ポイントがあります!

それは・・・

 

弓の使い方になります。

 

例えば、スラーの中に、何音も入っている場合、

最後の音が足りなくなってしまうということはありませんか?

コレ、よくありますよね?

 

その原因は、弓の配分にあります。

弓の配分を考えずに弾いてしまうと、足りなくなってしまいます。

 

分かりやすく、2音のスラーの場合を例にとります。

2

弓の配分は、ちょうど半分ずつになります。

 2s

 

では、3音のスラーの場合になります。

3

弓の配分は、1/3ずつの配分で弾くことを意識しましょう!

 3s

 

このようにすると、弓のスピードにも意識することができますので、

足りなくなってしまうということはなくなりますよ!

 

★スラーを弾く時に気を付けるポイント★

スラーの配分に気を付けるべし!

 

実際弾いてみると、弓の配分にまで気が回らない時もあるかと思います。

その時は、落ち着いて、今回お伝えした方法を取り入れてみてくださいね!

 

 


RELATED POST
バイオリン 練習について

弓のダウン・アップとは?

2015年6月26日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
弓のダウン・アップとは? バイオリンの弓は、ダウンとアップがあります。 ダウンが下げ弓、アップが上げ弓になります。 しかし、ダウンとアップが混乱される方もいらっしゃいます。 …
バイオリン 練習について

バイオリンの構造は意外と単純!

2015年3月5日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンの構造は意外と単純! 先日、キーボードの中身を見る機会がありました。 ピアノの中身は調律をして頂いた時に見たことがあったのですが、キーボードの中身を見るのは初めてでした …
バイオリン 練習について

音感を鍛える方法<その1>

2017年10月24日
りりバイオリン教室 (奈良・生駒・オンライン)
バイオリンは鍵盤楽器と違い、押さえると決まった音が出る楽器ではありません。 オルガンやシンセサイザーで、ストリングスのバイオリンの音に切り替えると鳴りますが… やっぱりそれ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です