肩当てって必ず必要なの?


あなたはバイオリンを弾く時、肩当てを付けて弾かれますか?

おそらく多くの方は、肩当てを付けるのを当たり前と思われている人も多いはず。

私も普段、肩当てを付けて弾いています。

ですが、肩当ては必ず付けなければならないということはありません。

今回は肩当ての必要性についてお伝えしていきます。

 

肩当てをつけなくても問題ない人とは?

1039006
肩当てをつけて弾くというのが当たり前と思っている人は多いのではないでしょうか?

肩当てなしで弾いてみて、肩がバイオリン本体とフィットしないという人は、

肩当てを付けて弾くと楽になります。

 

しかし、肩当てを付けても付けなくてもあまり変わらないという人もいらっしゃいます。

特に肩が痛いということがなければ、無理に肩当てを付けなくても良いと思っております。

ちなみに私は肩当てなしでは安定しないので通常は付けて弾きます

肩当てをつけないメリット

 

肩当て2

ヴァイオリニストを見ていると肩当てを付けている方もいらっしゃいますが、

付けていない方もいらっしゃるのも事実です。

 

私は肩当てなしでよく弾けるな〜と思っていました。

しかし、肩当てを付けないメリットがあることを知りました。

 

とあるヴァイオリニストにお会いする機会がありその方は肩当てなしで弾かれていました。

その方曰く、肩当てなしの方が音の響きが良いとのこと。

確かにバイオリン本体に肩当てを付けると音が遮られるような感じがしますよね。

バイオリン本体を少し変えると肩当てなしで弾けることを教えて頂き目から鱗でした。

私の生徒さんの中には肩当てなしでも弾けるという方がいらっしゃいます。

その生徒さんも、肩当てなしで弾く方が音の響きが骨に伝わるとのこと。

例えば、間違った音程で弾くと音の響きが伝わりすぐに分かるみたいです。

 

なるほど〜!

私も肩当てなしで弾いてみようかなと羨ましく思ってしまいます。

 

肩当てって必ず必要なの?【まとめ】

このように肩当てなしで弾くと音が響くというメリットがあります

しかし無理に肩当てなしで弾く必要はありません。

特になで肩の人は肩当てなしで弾くことは難しいと思っています。

私の経験上、男性は比較的肩当てなしでも平気という方が多い気がします。

肩当てなしで練習して肩を痛めてしまうということにならないためにも、

ご自身の肩にフィットする方法を編み出してくださいね!

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】