奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリン姿勢レッスン


バイオリンを弾く時の足の開き方

 

今回はバイオリンを弾く時の姿勢についてご紹介します。

みなさんは、バイオリンを弾く時は立って練習しますか?それとも座って練習しますか?

 

初心者の方は、バイオリンの正しい姿勢を学ぶためにも、立って練習することをおすすめしております。

ただ、バイオリンを弾く時の足の開き方具合について、あまり知られていないと思いますのでお伝えしたいと思います。

 

よく「左足を前にする」など言われていることが多いです。

しかし、こればかりに捉えられると、逆に不自然な格好になることがあります。

ですので、私は両足を肩幅より少し開く」という方法をお伝えしております。

両足を肩幅より少し開くことで、均等に力を入り安定した格好になります。

足を開けすぎると、均等に力が入らなくなり、音のバランスも悪くなります。

そして、前に足を置くと体がねじれて不自然な格好になっていまい、弓が思う存分に伸ばせず、伸び伸びした音が出せなくなります。

 

ここで、姿勢と音の関係について説明します。

・後ろにバランスがある場合 → 軽やかな音が出る。弱々しい音になる。

・前にバランスがある場合 → 力強い音が出る。つぶれがちな音になる。  

 

両者それぞれ、メリットもありますが、デメリットもあります。

慣れてくれば、その時々によって、姿勢を調整することもできます。

しかし、慣れるまでは均等に音を出すことに集中していきましょう。

よって、バイオリンを立って練習する時は、両足を肩幅より少し開いて練習していきましょう!

 

★バイオリンを弾く時のポイント★

姿勢によって、出る音が違ってくる。

慣れるまでは、両足を肩幅より少し開いて練習しましょう!

均等に音を出すことに集中する!

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

“奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のバイオリン姿勢レッスン” への1件のフィードバック

  1. […] 足の開き具合の記事で、身体の重心について説明しましたが、同じことになります。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】