奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントレッスン


バイオリンを弾き終わった後、親指や左手が痛い人は〇〇〇に原因がある!

 

先日、生徒さんより、このようなお悩みの声を頂きました。

「練習が終わった後、いつも親指が痛いんです…」

とのこと。

こちらの生徒さんのように、親指が痛いという方はいらっしゃいませんか?

 

親指が痛いということは、拇指に力が入っているということですね。

通常、正しい持ち方をしていると、親指に力が入ることはありません。

 

では、なぜ親指が痛いんでしょうか???

あなたも考えてみてください~

 

 

それは・・・

バイオリンを手で持っているからです。

 

えっ!?

どういう意味?という方に詳しく解説していきます。

 

バイオリンを構える時、あご当てにあごをのせますよね?

そして、肩に肩当てを当てるようにのせます。

分かりやすく言うと、あごと肩でバイオリンを挟みます。

こちらが前提になります。

 

バイオリンを構える時、バイオリンのネックに左手を置きますよね。

すると、左手でバイオリンを持っている方がほとんどです。

(あごと肩で挟むのを忘れている方が多いです)

そうなると、左手に力が入ってしまい、痛くなってしまいます。

 

では、どのようにしたら、左手に力を入れずに、バイオリンを構えることができるのでしょうか?

あごと肩でバイオリンを挟めているか、あなたも確認してみてください。

 

【確認手順】

1 あごと肩でバイオリンを挟む

構え方1

 

 

2 バイオリンのネックに持っている左手を少しずつ離してみる

※急に離してしまうと、バイオリンを落としてしまいますので、ゆっくりとムリしない程度にしてくださいね!

構え方2

 

3 左手を離した状態で、しっかりとバイオリンを支えられているか確認

※この時、バイオリンの先とあご当ての部分が平行にして持てているか、鏡などでチェックしてみてください。

構え方平行

 

最初はあごと肩でバイオリンを支える力が弱いのは当然です。

ですので、少しずつこちらの手順で毎日やっていると慣れてきますよ~

 

今回のお悩み相談は、親指が痛いとのことでした。

原因はバイオリンの構え方に問題がありました。

すぐにバイオリンの構え方を直して頂くと、親指に力が入らなくなったようです!

よかった~^^

 

もし、バイオリンを弾き終わった後、親指や左手が痛い…という方は、今回ご紹介した手順で確認してみてくださいね!

 

では、確認方法のおさらいです。

 
★バイオリンの正しい構え方か確認する方法手順★

1 あごと肩でバイオリンを挟む

2 バイオリンのネックに持っている左手を少しずつ離してみる

3 左手を離した状態で、しっかりとバイオリンを支えられているか確認

 

以上のことをお試しください。

もし、何か分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】