バイオリンで泣くほど悔しい経験。


あなたは、バイオリンを弾かれている時、

泣くほど悔しい思いをされたことありますか?

 

大人でしたら、泣くとまではいかないかもしれませんが、

それでも「悔しい!」という気持ちになった経験はありませんか?

 

私の教室の生徒さんは、お子様でしたら、

「泣くほど悔しい」思いを経験されている子がほとんどです。

 

例えば、自宅で練習してうまく弾けたのに、レッスンではうまく弾けなかった時。

2回、3回弾きなおしても、弾けないと、

自分でも納得できないという顔をして、涙をポロポロ流されます。

合格もらえると思っていた曲がもらえなかった時、泣かれる生徒さんもいます。

 

最近ですと、発表会前のレッスン時。

リハーサルでピアノ伴奏と合わせ、ボロボロの生徒さんがいました。

とても落ち込んでおり、後々お母様よりお聞きしたのですが、

みんなに分からないように隠れてトイレで泣いていたようです。

うまく弾けなかったのが悔しかったようで、その後自宅で猛練習されました。

猛練習のおかげでその生徒さんは、本番でバッチリと弾かれていましたよ!

 221290

大人の方でも練習しても思うようにうまく弾けなかった時。

「悔しい…」という気持ちも持たれます。

 

私が小さい時、レッスンでは涙を流さなかったですが、

自宅での練習中、涙を流しながら練習していた記憶が蘇りました(笑)

 

練習中やレッスン中、泣くことは悪くありません。

それだけ、真剣に練習しているという証拠ですから!

 661133

逆に「悔しい」という気持ちを持たれない方は要注意です。

 

そのように思うと、私の教室の生徒さんは、熱心な生徒さんが多いなと感じております。

 

悔しさをバネに、「さらにがんばろう!」と思うか、

「苦しくて辞めたい」と思うかが分かれ道だと思います。

 

これは習い事だけに関わらず、色々な場面で役立つと私は思っています。

 

例えば、お仕事で嫌なことがあって、

「もう辞めたい」と思うか、

「もっとがんばるぞ!」と思うか。

 

受験勉強でなかなか思うような成績が出せない時、

「諦めて第2希望、第3希望の学校でいいやー」と思うか、

「いやいや、ここからが勝負だ!自分の行きたい学校に行くぞ!」と思うか。

 

様々な場面で、選択肢が出てくるかと思います。

 

私はバイオリンの技術はもちろんですが、

レッスンや練習中で、「悔しい」という気持ちを味わって

今後の練習や、他の色々な場面で役立つということも

これからも生徒さんに伝えていきたいと思っております。

 

こちらをお読みのあなたも、ぜひ「悔しい」という気持ちをバネに

バイオリンの練習に励んで、さらにステップアップしていただければと思います。

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】