奈良・生駒・大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス


弓の力を変化させずに、音の強弱を変化させる方法!
 

バイオリンの音の強弱を変化させる一番の方法は、弓の圧力加減になります。

コレ、ご存じの方は多いですよね!

また、普段から気にせずやっている方もいらっしゃると思います。

 

しかし、弓の圧力は特に意識しないでも、音の強弱を変化させる方法もあるのです!

あなたは、ご存じですか?

 

今回は、弓の力を変化させずに、音の強弱を変化させる方法についてお伝えしていきます!

 

 

では、その方法を、最初に言っちゃいますね!

それは・・・

 

「弦の弾く位置」です。

 

 

では、ここで、クイズです♪

まず、1問目!

第1問目:

f(フォルテ)で鳴らしたい時、弦のどの辺りで弓を弾くと、

フォルテで鳴るでしょうか?

1.2.3.4でお選びください!

 

クイズ1

 

わかりましたか?

 

では、答えです!

答えは・・・

 

 

 

 

「2」です!!

 

駒の近くで弾くと、音が大きく響きます。

ですので、「2」が正解です!

 

 

では、2問目のクイズです!

第2問目:

p(ピアノ)で鳴らしたい時、弦のどの辺りで弓を弾くと、

ピアノで鳴るでしょうか?

1.2.3.4でお選びください!

 

クイズ1

 

さて、わかりましたか?

 

 

 

2問目の答えは・・・

 

 

 

 

「3」です。

 

p(ピアノ)は、先程のf(フォルテ)と比べ、音量は下がりますよね?

強弱は弱くなります。

ですので、指板の近くで弾くと、音が弱く出せるのです。

 

しかし、「4」のように指板で弾くことはよくありません。

弓のフォームが正しくないと、気付くと「4」の箇所で弾いている人も

いらっしゃるかもしれません。

 

 

また、「1」と選んだ方は、いらっしゃいませんか?

この「1」は、よく見ると、駒より手前の弦です。

この部分では、音が鳴りません。

 

決して、「1」や「4」の箇所では、弾かないようにしましょうね!

 

 

今回は、弾く弦の位置で、音の強弱が変わることについてお伝えしました。

 

あなたは、2つのクイズは正解しましたか?

今回のことを意識して、一度音を鳴らしてみてくださいね!

 

★弦の弾く位置で…★

f(フォルテ)で弾く時・・・駒に近い箇所の弦で弾く

p(ピアノ)で弾く時・・・指板に近い箇所の弦で弾く

 

曲を弾いていると、音の強弱を出すと完成度は高くなります。

強弱を弾く時は、今回お伝えしたことも意識してみてくださいね!

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】