奈良・生駒・東大阪の楽しいバイオリン教室 りり先生のワンポイントアドバイス


バイオリンを始めるのに必要なもの(その3)

 

バイオリンを弾く時に必要なアイテムは3つあります。

本日は2つ目のアイテムをご紹介します。

 

1つ目&2つ目のアイテムは以下の記事をご覧くださいませ。

「バイオリンを始めるのに必要なもの(その1)」

「バイオリンを始めるのに必要なもの(その2)」

 

3つ目のアイテムとは…

バイオリンのケース です。

 

バイオリンは非常に繊細な楽器なので、ケースに入れて保管や持ち運びが必要となります。

「インテリアとして飾りたい!」という方がいらっしゃいますが、その場合は、インテリア専用のバイオリンを飾ってください。

 

さて、バイオリンのケースの種類は様々です。

 

大きく分けて、以下の2つになります。

 

・角型

・丸型 (ひょうたん型)

 

私が普段利用しているケースです!

 

⇓  ⇓  ⇓

ケース

 

「どちらを購入したら良いですか?」という方もいらっしゃいます。

その方に合ったスタイルでご提案しております。

 

私は、丸型 ⇒ 角型 ⇒ 丸型 ⇒ 角型(たまに丸型) というように浮気をたくさんしてきました 笑

なので、それぞれのメリット・デメリットがわかりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【角形ケースのメリット】

 

・高級感がある

・楽譜や小物が入るので、他の荷物がかさばらない

・安定感があるので、電車やバスに乗った時でも安心できる

 

【角形ケースのデメリット】

 

・少し重たいので、持ち運びに不便な時がある

・雨が降った時には、入れていた楽譜が濡れてしまう場合がある

 

【丸型ケースのメリット】

 

・軽量なので、気軽に持ち運びができる

・オシャレで種類が豊富

・ファッション感覚で持ち運べる

 

【丸型ケースのデメリット】

 

・楽譜は別のバッグに入れるので、荷物がかさばってしまう

・本当は良いケースでも角型ケースに比べ、多少チープ感が出てしまう

 

私の場合は、普段のレッスンでは角形・丸型と同じ割合で使い分けしております。

楽譜やテキストの多い少ないにもよりますし、その時の気分もあります。

また、演奏会の時は、ドレスや靴を持って行ったりして、荷物が多くなるので、角型ケースは必須になります。

 

また、雨の時にバイオリンケースが濡れてしまうのが心配…という方は、防水加工のケースも販売されております。

ただ、今既にお持ちの方もご安心ください!

なんと、バイオリンケースのレインコートもあるんです!!

こんなものがあったらいいな~と思っていたら、最近見つけました。

 

どんどん良い物が販売されておりますね。

 

あなたに合ったライフスタイルに合わせて、バイオリンケースを選んでみてくださいね!

 

 

もし実際に角型と丸型 (ひょうたん型)ケースを見られたい方は以下よりご覧くださいませ。

角型バイオリンケースが気になる方はコチラ

丸型 (ひょうたん型)バイオリンケースが気になる方はコチラ

私が注目している、バイオリンのレインコートコチラになります。

 

インターネットからでも手軽に購入できますよ~

私もバイオリンのアクセサリーを購入する時は、よく利用しております♪

 

★バイオリンを始めるのに必要なもの(その3)★

バイオリンのケース

それぞれのメリット・デメリットを知った上で、ご自身に合ったライフスタイルでケースを選びましょう!

 

ご質問&お問い合わせ受付中です!

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

ブログでは書かれていない、濃い内容をメールマガジンで配信しております♪

→ 無料でご登録はこちらをクリック!

⇓ ⇓ ⇓

Vメルマガバナー

 

バイオリンを始めてみたい!挑戦してみたい!という方は、まずは体験レッスンにご参加くださいませ。
体験レッスンのご予約はこちらからお願いいたします。

生徒さんの声&レッスン風景の動画をご覧ください♪
詳細はこちらよりご覧ください。

不明点など気軽にお問い合わせ下さいませ。
お問い合せはこちらからお願いいたします。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

 【とっておき情報!】

312167595060 (1)

 【りりバイオリン教室について♪】

312167595060 (1)


312167595060 (1)


312167595060 (1)

 【facebookもチェック】

【Twieerもチェック】